データオンストアのストレージシステム

専用のアレイコントローラをシステムに組み込むことで得られるメリットもありますが、現代ではデメリットが多く継続したサービスを提供する大規模なシステムには不向きです。
単体からなるシステムであってもオブジェクト指向のデバイスを採用することでスケールアップ要望にも、遠隔地バックアップ用途にも容易に答えられます。

HGST®He10によるデバイスの障害低下

Datastor Storageでは早くからオブジェクト志向のストレージを採用しています。大切なデータの保全と信頼性を担保するために今の時代には欠かせない機能です。今では最大のディスクサイズは10テラバイトを超え、レガシーなRAID Controllerを使うシステムで大容量ディスクを使用した場合はデータ損失を招く危険が益々増えています。
ディスク構造が高密度になると同時に発熱が抑えられ、軽量化したおかげで省スペースでも沢山のディスクを収容することが可能となり益々オブジェクトデバイスの需要は高まりつつあります。DatastorStorageはエアー封入ドライブからヘリウム封入ドライブに移行したお陰でストレージシステムの障害発生率が飛躍的に低下しています。

ワット単位容量の消費電力比(10TB He10使用)


1U(12ドライブ)x4
分散ファイルシステム製品


480TB/720W = 660GB


4U(78ドライブ)
アーカイブストレージ製品


780TB/450W = 1.73TB


4U(24ドライブ)
汎用ストレージ製品


240TB/400W = 600GB

ストレージに使用される標準的なスペース4U(17.6cm)で消費電力「1W」辺りの容量はシステム構成で大きな違いあります。
この表示はストレージ専用機の標準的な使用時の電力平均を示していますがシステムの構成により同じスペースで確保可能な1ワット辺りのストレージ容量には大きな違いがあります。TCO削減を考慮する場合は目的を考慮し十分な注意が必要です。

低消費電力のストレージ用サーバー

Datastor Storageは、パーツ1つに消費電力を見直してお届けしています。 # 以下消費電力の一例

消費電力
パーツ数量詳細消費電力(定格)HDD
CPU116コア 低電圧モデル65W65W6TB
He6
8W
60
360TB
Memory4R-DIMMM 1.2V DDR44W16W
HBA112G SAS card8W8W
Chipset1SATA312W12W
LAN2SFP+ or 10GbE8W16W
IPMI1BMC3W3W
FAN44cm10W40W
PSU2変換効率95%以上 1+122W22W
合計180W(最大)300W

最大でコントローラの消費電力は204Wとなり、通常のサービス運用時は100W強の消費で済むことがわかっています。これに360TBを超えるオブジェクトストレージを接続した場合でも通常稼動時は合計値の480Wでは無く、「360W前後」の消費です。この「1W=1TB」は理想の消費電力と言えます。

ヘリウム封入ドライブ

ハードディスクドライブ(HDD)がソリッドステートドライブ(SSD)に変わるには購入価格の逆転を待つだけですが数年前から殆ど価格は変動が無いままHDDの大容量化が進んでいます。Panasas®社などのActiveStor®製品はハイブリッドのストレージシステムですが世に出てから未だ日も浅く広く認識されておりません。このハイブリッドストレージはHDDなどをオブジェクトデバイスとして扱っている為メディア形式を選びません。また、容量の違いが有っても基本的に同じボリュームで使用可能です。
今後もHDDの大容量化は10TBを超える勢で拡張します。ヘリウム封入ドライブは従来のエアー封入ドライブと比較して非常に障害が少ない構造を持つドライブです。今後ストレージに使用される大容量製品は全てヘリウム封入ドライブとなるでしょう。

PAGE TOP

Copyright © 2017 Dataonstor. Corp,